otasuke.gif

増築と改築の違い

「増築」とは、文字通り「住まいの床面積を増やすこと」です。骨組や構造から作り直す場合もありますし、敷地内に新しい構造物をつくったり、平屋を2階建てにするなど、さまざまなケースがあります。
「改築」とは、建築基準法に「建築物の一部を除却又は、建築物が災害によって一部焼失した後、引き続いてこれらと用途・規模・構造の著しく異ならない建築物を立てる工事」と書いています。一般的には、床面積を変えずに間取りの変更をともなう工事をすることをいいます。
「改装」や「模様替え」は間取りの変更をともなわず、内外装を改めることをいいます。また、修繕は設備機器や雨漏りなどを修理することを指します。
当コンテンツ「増築・改築の基礎知識」では、「増築とは床面積を広げること」「改築とは床面積を広げず間取り変更などをすること」として、ご説明します。

ホームプロより引用
posted by 増改築相談員K at 15:31 | Comment(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

増改築費用について

増改築に関するお見積もりは、増築見積もりお助け隊で!

増改築の場合は費用の相場も分からないものです。

以下で、増改築工事の相場について説明します。
これを知っているだけで、単価が適正か高いかが分かるようになります。

住宅などの場合、よく「坪単価●●万円」などという言葉をお聞きになったことがあると思います。この「坪単価●●万円」というのが住宅業界の共通の表現になっています。
例えば、「坪単価40万円」で建坪が50坪なら総額で大体2,000万円程度だなと大体の予想が出来ます。

しかし、増改築に関しては、材質や、デザインなどにより全く異なります。また、増改築業者によって、それぞれ独自の基準に基づいて値段を決めていますので、なかなか費用の相場というのは明言出来ません。

ただ、1坪あたり、30〜50万円(約150,000円/m2)

これが、増改築工事の費用相場だと覚えておいて下さい。

この金額で計画をしていけば、あなたが満足するご自宅を増改築業者に作ってもらうことは十分に可能です。
しかも、この金額であれば、かなり良いご自宅になると思います。

この金額でなければいけないということではなく、
「1坪あたり50万円」を最大としてそれ以内で考えて頂ければ十分だということです。
もちろん、この金額以下の費用でも十分に良いご自宅を作ることは可能です。
上限の費用相場がこれくらいだと頭に入れておいて下さい。

見積書で、1坪当たりの単価がこの金額以上になる場合には、もしかしたら、相場より費用が高いケースも考えられますので、判断の目安として下さい。

増改築の複数見積もりなら、増築見積もりお助け隊がおすすめです!
posted by 増改築相談員K at 03:37 | Comment(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

増改築工事とは

増改築に関するお見積もりは、増築見積もりお助け隊で!

「増築」とは、文字通り「住まいの床面積を増やすこと」です。

骨組や構造から作り直す場合もありますし、敷地内に新しい構造物をつくったり、
平屋を2階建てにするなど、さまざまなケースがあります。


「改築」とは、建築基準法に「建築物の一部を除却又は、建築物が災害に
よって一部焼失した後、引き続いてこれらと用途・規模・構造の著しく
異ならない建築物を立てる工事」と書いています。

一般的には、床面積を変えずに間取りの変更をともなう工事をすることをいいます。

「改装」や「模様替え」は間取りの変更をともなわず、
内外装を改めることをいいます。

また、修繕は設備機器や雨漏りなどを修理することを指します。

当コンテンツ「増築・改築の基礎知識」では、「増築とは床面積を広げること」
「改築とは床面積を広げず間取り変更などをすること」として、ご説明します。
記事引用先:ホームプロ

増改築の複数見積もりなら、増築見積もりお助け隊がおすすめです!
posted by 増改築相談員K at 03:07 | Comment(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。